番傘を持った女性

季節に合わせて選べば夏でも着物で快適に過ごせます

ぬくぬくアイテム

祭りの衣装

布団代わりにも使われていた綿入り半纏は、こたつにもオススメなぬくぬくアイテムです。昨今はキャラ物や、オシャレながらも多くなっています。冷え込む家や庭に出るのに一着あると便利です。

もっと見る

贈る時のアドバイス

青い半纏

寒いところでは贈り物にも選ばれる綿入り半纏。イベントで使った半纏など洗い方がわからない人は多くいます。扱い方を知っておき、プレゼントする時には一言伝えてあげると親切です。

もっと見る

人気色とコーディネート

複数の振袖

華やかな振袖は、今や色々な色があり、着こなしも大きく変化しているようです。人気の色はやはり赤系です。個性を出すなら紫や青などを選ぶのもオススメです。かんざしや羽織などでオシャレに演出できます。

もっと見る

粋な和服女性になる

和服

浴衣や着物などを涼しい顔して着こなす粋な女性は、中々に格好いいものです。洋服を着た人たちの雑踏の中で、その存在感は人の視線を集中させるほどの効果があります。夏用の着物を普段のお出かけに取り入れてみるのも、オススメです。「でも夏は暑い」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。振袖などしか着たことがないと、イメージが掴めませんのでしかたがないことです。しかし、素材や織り方で着物の快適さは大きく異なります。夏用の絽や、沖縄などの暑い地域で着られていた麻の着物などは通気性がよく、適度に日射を遮ることができるので意外と快適です。従来、日本の気候に合わせられている伝統衣装ですから、普段から取り入れるのも悪くはないでしょう。着物は、女子力が向上するのも密かな人気です。パンツスタイルと違って摩擦がないので、しばらく着物で生活しているとすね毛が生えなくなったなどの話もあります。さらに、足を大きく開いて歩くことがないので、品よく色っぽく魅せることもできます。日射の暑さと湿度の高い日本の風土にはよく合うものなので、好きな柄で、さわやかな夏らしい色合いを選んで着れば涼しげに見えるでしょう。かんざしなどでのヘアアレンジを加えても良いですし、可愛い和小物を取り入れるファッションもできます。この夏の普段着に着物生活を始めるのも良いでしょう。女性らしくなりたい、女子力をアップしたいと考えているのならオススメです。